製品紹介 Products

ハニカムボックス(公社)雨水貯留浸透技術協会認定 雨水地下貯留施設

HB P2

雨水の一時貯留に最適な簡単施工の製品です。

PDFダウンロードはこちら

特長

多様な土地利用が可能

  • 高耐荷重設計なので、上部は様々な土地利用が可能です。また、土被りが小さい場合でも、一部をくり貫き培養土等を蓄えることにより、植樹等も可能です。

自在な設置形状

  • 1個が1m×2mのブロックを並べるだけなので、自在な平面計画が可能です。狭い場所や、歪な土地でも、無駄のない設置ができます。

最小土被り10cmから対応

  • レベル1地震動対応の場合、路盤材5cm+舗装5cmから駐車場利用が可能です。化学工業製品系は通常60cm以上必要です。

自然流下可能

  • 高さの低い製品を用意しており、必要土被りが小さいので、計画地盤と流末の高低差が小さい場合にも自然流下が可能です。

浸透機能

  • 貯留槽の底盤や側面から水を地下に浸透させる浸透型にも対応が可能です。

地下水が高い所でも安心

  • コンクリート製ですので、浮力に強く、防水対策を施すことにより、地下水位が高いところでも対応が可能です。

高耐震性

  • 標準の製品で、レベル1相当の地震動に対応しております。また、レベル2相当の地震動に対応する製品もご用意できます。

耐薬品性

  • 化学工業製品系の弱点である耐鉱油系薬品(ガソリン、アスファルト等)にも優れた抵抗性を持っており、上部の駐車場利用に最適です。

簡単施工

  • ブロックを並べて連結するだけですので、簡単に施工でき、大幅な工期短縮が可能です。高さが低い製品で、クレーン施工が難しい現場では、フォークリフトによる施工も可能です。

優れた経済性

  • プレキャストコンクリート製品の強度を生かし、合理的な構造・断面形状とすることにより、優れた経済性を実現しました。

維持管理可能

  • 点検口用の製品を用意していますので、そこから内部確認が可能です。また、貯留空間が大きいので、目詰まりがなく、維持管理が容易にできます。

形状寸法図

ハニカムボックス

ハニカムボックスⅡ 雨水技評第17号

寸法表

製品配置例

平面図

側面図

基礎工

  • 認定品(ハニカムボックスⅡ)を施工する場合は、基礎鉄筋(D13@250)が必要です。
  • 認定品(ハニカムボックスⅡ)を施工する場合は、基礎コンクリートに20m毎に目地を設けて下さい。防水対策を行う場合は、止水板の設置が必要です。

基礎コンクリート目地工

 標準目地

 防水対策を行う場合の目地

流入・流出施設設置例

流入桝設置例

流出桝設置例

流出桝施工例

 

施工手順

ハニカムボックスⅡ

トップへ戻る