製品紹介 Products

プレガードⅡプレキャスト車道用防護柵基礎

PG P2

B・C種からSB種・SC種まで対応できる充実したラインナップ。

PDFダウンロードはこちら

特長

平成11年度に「車両用防護柵標準仕様・同解説[(公社)日本道路協会]」、「道路土工-擁壁工指針[(公社)日本道路協会]」が改訂されました。この結果、車両用防護柵が設置された擁壁構造については、以前の仕様書では、擁壁に衝撃力が作用しますが、衝突荷重を考慮する必要がありませんでした。しかし、改訂では衝突荷重を考慮した設計が明記されました。
この改訂により、プレキャストL型擁壁、ブロック積擁壁、補強土壁、軽量盛土、既設擁壁等へのガードレール設置が従来方法では難しくなりました。
このようなことから、全ての擁壁に設置できるように、分離構造とし擁壁設置後に、擁壁上に設置できるようにしました。

施工性の向上

  1. プレキャスト製品であることから、工期短縮が図れます。
  2. ガードレール支柱が道路側にないため、舗装施工が容易です。
  3. 仮設時の道路拡幅が容易に行えます。
  4. 盛土部に利用すると路肩部に草が生えにくくなり、維持管理が容易となります。

経済性の向上

  1. 設置時の効率化を図りました。

設計方針

プレガードⅡは「防護柵設置基準・同解説」、「道路土工-擁壁工指針」に準拠した設計を行っています。

標準基礎構造

連結部詳細図

機種の選定

形状寸法図

PG-SB

 


PG-A

 


PG-AS

 


PG-AH

 


PG-AK

 


PG-AHK

 


PG-BC

 


PG-BCS

 

トップへ戻る