製品紹介 Products

アシストウォールポーラスコンクリート一体大型積みブロック

AW P0

ポーラスコンクリート盤をコンポジットできる環境対応型の積みブロックです。

PDFダウンロードはこちら

特許登録済

特長

特許登録済

 「道路土工-擁壁工指針[(公社)日本道路協会]」、「大型ブロック積み擁壁設計・施工マニュアル[(公社)土木学会四国支部]」に基づき、製品種別は壁面勾配(1:0.5)有効幅(150cm)有効高(H=35・ 70cm)の2タイプ、控長( 50・ 75・100・125・150 cm) の5タイプ、ブロック表面はポーラスコンクリート仕様・普通コンクリート仕様・デザイン仕様 の3タイプとなっております。

構造

大型ブロック積み擁壁はブロック単体を積み上げる構造になっているため、ブロック間の接合噛み合せ部の強度が重要となります。
弊社では噛み合せ部の強度試験を行い、実験結果ではより大きなせん断抵抗を有している事が確認されました。

緑化効果

アシストウォールは前壁のポーラスコンクリートにおいて緑化することが可能な製品です。植生のためには、植物の根が伸長しやすい連続した空隙部が必要となります。アシストウォールのポーラスコンクリートは空隙率を15~20%(砕石 6号、7号)に設定しており、植生にとって良好な生育条件を確保しております。

吸音効果

アシストウォールは前壁全面にポーラスコンクリートをコンポジットしている為、普通コンクリート製の一般的な大型積みブロックにはない道路交通騒音の吸音効果があります。 1000Hz75dBの音源における7号砕石・空隙率 15 %・ 300×300mmのポーラスコンクリート板を使用した弊社吸音効果確認実験によると版厚4cmで3dB・版厚6cmで5dB・版厚9cmで6dBの音圧低減が確認されました。

  1. 水平積み構造のため施工が簡単です。
  2. 前面部はポーラス構造であり緑化・吸音・排水効果が図れます。
  3. 空洞部にはコンクリートおよび土砂、砕石等の投入が可能な構造となっています。
  4. 側壁の上下面が噛み合せ構造であり、滑り出し防止となります。
  5. 多段積が可能な構造であり経済的な工法です。AW F-03

 

 

用途

  1. 道路、河川の切土、盛土法面などの擁壁に
  2. 宅地造成などの擁壁に

設計条件

載荷方法

製品構成

壁面勾配 1:0.5
有  効  幅 150cm
有  効  高 H=35・70cmの2タイプ
控  長 50・75・100・125・150cmの5タイプ

形状寸法図

製品タイプ:ポーラスタイプ:Ap (H=700) / ノーマルタイプ:An (H=700)、Bn(H=350) / デザインタイプ:Ad (H=700)、Bd(H=350)

AW F-08AW F-09

標準組積図

施工断面は背面の地山または盛土の土質・地形条件から安定計算により決定します。

曲線部の設計

曲線施工する場合

スパン割で折る場合

中込材

土圧を考慮し、胴込(裏込)を選定しながら安定条件を確保する事が可能です。

前面ポーラスの場合は中込め材に砕石を使用します。

空積・練積とも、ブロック背面からの排水を考慮し、水抜き孔にパイプ(VP50)を設置してください。

基礎工

基礎工は①プレキャスト製品もしくは②現場打ちとします

PCa基礎ブロック

現場打ち基礎工

天端工

ガードレール等を施工する場合はプレキャスト車両用防護柵基礎と併用できますので、お問い合わせください。

施工手順

トップへ戻る